美容マッサージ

手術なしでリフトアップできるたるみ治療

花と女性

かつては、たるみ治療というとメスを使った手術でリフトアップするという方法がメインであったために、抵抗を感じて踏み込めないでいた方も多いはずです。しかし、最近では美容クリニックなどでメスを使わないリフトアップが可能になってきており、自分の体にメスを入れることに中書していた方でも手軽に、たるみ治療を受けることが可能になっています。皮膚表面を傷つけることなくリフトアップができるということで、効果が出るまでに一定期間かかるものもありますが、自然な状態で若い肌を手に入れられるということで人気を集めています。これは私たちの肌を構成している筋肉細胞や皮膚をリモデリングすることでリフトアップするという手法であり、健康的にきれいな肌を手に入れたいという方には最適な方法として注目されています。さらに、肌のアンチエイジングの効果が認められている成分を直接注入するという方法も人気のたるみ治療の一つとなっており、安全かつ、ある程度の即効性のある治療を求めているという方にも利用しやすい方法が提供されています。ここ数年で美容医療も低コストになってきており、リーズナブルな価格で提供されているクリニックもありますので、ネットの比較サイトなどでチェックしてみるのもお勧めです。

HIFU治療でたるみを改善するメリット

加齢等による顔のたるみは、美容クリニックで治療する事が出来ます。特にHIFUと呼ばれる治療法は、メスを使わないたるみ治療法として注目を集めています。そこでHIFU治療の特徴やメリットを調べて見ましょう。HIFU治療は、顔のたるみ等の気になる部位に超音波を照射し、その熱を使い皮下脂肪や筋膜等を熱凝固させたるみを改善する治療法です。特に、皮下の気になる部位に超音波を照射する為のカートリッジを交換する事で、皮下の深さに合わせた治療を行う事が出来ます。また、HIFU治療のメリットとしては、顔等のたるみが気になる部位に超音波を照射する時間を40分程度で済ませる事が出来る為、手軽にたるみ改善の治療を受ける事が出来ることです。超音波の照射に伴う痛みを感じ難く、治療後のダウンタイムを短縮出来、日常の生活にすぐに戻る事が出来ます。更に、身体に掛かる負担が少ない事から、20代の若い人から70代や80代の方でも治療を受け易くなっています。特に20代の若い人は、たるみの予防の為の治療としてHIFU治療を行う人も増えています。また、このHIFU治療はその効果も高いと言われ、皮下脂肪等を熱で固めてしまう事から、治療後は勿論約1ヵ月後にはその効果を実感出来るとして注目を集めています。

たるみ治療を行う際に必要となるダウンタイム

肌のたるみを手軽に解消したい、若々しい印象の肌を取り戻したいという場合は、美容クリニックでたるみ治療を受けることがおすすめです。

ただ、美容クリニックの治療といえば、入院が必要になったり、数週間程度腫れや内出血が目立つダウンタイムで悩まされるのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。しかし、日帰りで治療ができる上に、ダウンタイムも殆どない治療というのも少なくありません。ダウンタイムが短く、肌や体への負担が少ない治療であれば、何日も仕事を休む必要がないだけでなく、治療が終わってしばらくの間、誰とも顔を合わせたくない状態となることもないでしょう。どんな治療が向いているかは、たるみの状態などによっても異なります。そのため、顔のたるみが気になっているのであれば、まず美容クリニックでカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

余った皮膚を切り取り引き上げる方法など治療法によっては、暫くの間、腫れや内出血が続く可能性もありますが、本格的な治療の場合、効果の持続期間も長くなります。そのため、肌の状態に自信を持ちたい、いつまでも若々しい印象を保ちたいと考えるのであれば、本格的な治療を検討してみるのも良いでしょう。

コンテンツ

  • フェイシャルエステ

    たるみ治療を行う美容クリニックの選び方

    たるみの悩みを解消したい時は、美容クリニックで治療を受けることが有効です。スキンケアやマッサージなどでは改善しないたるみでも、美容クリニックで本格的な治療を受ければ、改善できる可能性が生まれます…